気・血・水が整えば全ての病は治る | 鍼灸院・運勢相談・医学英語研究会|象山院

TOPページへ 象山院

象山院での鍼灸療法
【気・血・水が整えば全ての病は治る】

アジア地域に於ける医療医術の起源と医学の発展は遠い昔、東洋の中国医学が世界で最も古い歴史をもつひとつで古代エジプト医学に並ぶほどで有り、その理論の真理も深いのです。
それは中国の夏の時代(紀元前約1700年以前数百年間)にはすでに始められていたそうです。その長い歴史のあと殷時代・周時代そして春秋時代をのり超えて前漢時代(紀元前202年~紀元後8年)に創られた中国最古の医学古典書「黄帝内経素門霊枢」には生理・病理・衛生・鍼灸医療の理論や医術それに陰陽五行説を用いて疾病からの真の改善法や回復法が実際に記されています。それを主体とする東洋医学に於いてはあらゆる病気や症状は、まず人間の身体健康維持の為の本質を形成している気・血・水の流れが乱れることによって現れてくると考えています。
当院ではまずこの気・血・水の流れを身体全体に正しく調整する八つのツボ(経穴)を取穴して治療を行います。治療内容は常に人体内を循環している気・血・水の流れを考慮した古典的療法を行うと同時に末梢神経鍼刺激による中枢への影響を考えた上でホルモン分泌作用・生理作用・免疫作用等への反応も把握した局所療法を併用しております。また患者さんの病態によっては儒学の根本経典とされる四書五経のひとつである易経よりヒントを得て治療してゆく場合も有ります。

*使用する針

使用する針はすべて毎回治療時に完全滅菌消毒した個人専用針と使い捨て針で治療致します。
またご希望により全て使い捨て針のみでも治療可能ですので、どうぞご安心して受療していただけます。

また中国針療法・吸い玉療法・灸頭針療法・通電針療法等も行っております。 


★ 象山院鍼灸院

診療日時 【完全予約制】
ご予約はお電話にて (電話) 072-227-1286
受付時間 ※月曜~金曜日 午前9:30~午後7:00
※日曜、祝祭日 休診
治療費 <初診料> ¥1,000
<一般> ¥4,000
<子供の小児針> ¥2,000
お問合せ Email shouzanin@sakai.zaq.ne.jp
★ご回復後も予防の為、月に一度は受診に御来院ください。

象山院

浅田忠 待合室1

待合室2

私、淺田宗憲(本名=淺田忠)が
鍼灸治療を致します。
日本鍼灸師会会員
大阪府鍼灸師会会員
象山鍼灸院治療室1 象山院治療室2

 

※淺田忠の年表※

1960年
大阪の堺市でごく普通の両親と姉ひとり、いわば理想的?といわれる一姫二太郎の家庭環境で生まれ育ってゆく。 数年後、あるカトリック幼稚園の園児に成らされたが、なぜか皆揃って頭に白い三角帽子の様な物を冠り、黒いマントの様な物を纏った(失礼…)シスターと称する先生達からいきなり訳の知れない英語ABCを習わされる。 幼児体験としてその教訓がとても不思議に思えた。
1967年
小学生に上がると同時になぜか園長や担任のシスターから私への英語の特訓を勧められていた母親から大嫌いな英語塾に運命的に通わされる。 ただ不思議と英語塾以外の学習や習い事には興味が湧かず登塾拒否。
1973年
中学生になって青春の初恋を覚えたのか、星座占いの本を買って気になる異性の研究をし始めたことがきっかけで占いに興味を覚えてゆく。 バスケットボール部に所属したため学校帰りは身体がヘトヘトに疲れ、夜の英語塾ではいつも居眠りしながら学習していたので塾の先生に毎回叱られた。
1976年
高校生になって友人達を独学で覚えた星座占法で遊びながら鑑定しているうちに自分自身が益々占いに填ってゆき、その道理に目覚めてきた為、英語塾をさぼり各種占い研究に没頭していった。 高校三年生になってバスケットボール部ではキャプテン、4番を背負った。
1979年
平凡な大学生になったが、填まり込んでいた占いを研究すればするほどその不可思議な深い道理が曖昧で理解できず、あらゆる他の勉強は一切、手に付かない暮らしを送っていた。
1980年
ご縁があって大阪玉造に住む鑑定名人こと哲理姓名学の達人でもあり、後の人生の師範でもある有名な霊能鑑定家に出会い、占いの神秘性とその真理を学び悟ってゆく。
1983年
学内スポーツクラブ活動や様々な趣味をこなしながら全てのアカデミックキャンパスでの生活を終え、いよいよ大学生から平凡な社会人となる。 大阪府会議員兼大阪府議会議長秘書を務め、我ながら心の中でこっそり政治の道を志す。
1985年
失恋のショックのあまり元気が無くなり、政治の道を志すことも断念し、企業サラリーマンを経験した後、ブルーな気分にもかかわらず、なんとなく心身医療の尊さに吸い込まれていくように西洋医学と東洋医学の高い知識と研究に目覚め、ある医療大学に編入学し再び大学生になる。
1987年
当大学卒業後、甲骨文字・象形文字の姿を隠した漢字哲学の歴史を辿る目的も兼ねて中国は広州の曁南大学に語学留学した上で、中国哲学(陰陽学・気学・易学・四柱推命など)を学び、また広州中医学院や広州市に有る病院内などで中医学とその医療法を学んでゆく。
1988年
度々の下痢と熱病に疲れ中国を去り、香港からオーストラリアそしてニュージーランドのウエリントンへ渡りウエリントン国立病院親交のナチュラルヘルス医療センターに就職。 ここから運命的に形式ではなく生活上での本質的な実際の英語能力と英会話疎通能力の実践と試練を体得してゆくことになる。 この時、初めて幼稚園での訳の知れないABCから大嫌いな英語塾通いまでの運命を悟った。
1991年
何故か徐々に日本が恋しくなり、というよりも日本食が恋しくなり、それにまた医療従事者として身体の中で発生している科学的なメカニズムの理論も知りたく、帰国して母大学の大学院へ入学し、免疫学研究科にて寒冷血管反応(血流と皮膚温の変化)の研究を開始。
1993年
この頃からボヘミアン魂のようなものが湧きあがり、異国の文化や風習また国民性を学ぶため世界70ヶ国(アジア諸国・北欧諸国・欧米諸国・北アフリカ・オセアニア地方の国々と島々など)以上を目的の無い一匹狼の様にバックパッカーで流れ旅してゆく放浪癖(放浪病?)が始まる。 居住地はウエリントンに置いていたがナチュラルヘルスセンターの院内医療勤務に於ける職務は心優しい院長の御蔭で長い休暇をもらってそのまま続行させてもらった。
1996年
健康管理のため何か運動をしなくては…と思い、気楽に通っていたウエリントンの極真空手道場である日、師範から突然、連続組手(約30名余り)の苦行体験を指名された(何故?)。 修練生らが道場の縁にて真剣な眼差しでずらりと正座して待ち構える一方、私は喘ぎながら死に物狂いで連続組み手をしていた。 20人目を過ぎたあたりで対戦相手となった重量級総合空手のオセアニアチャンピオンの上段蹴りが私の頭を掠った瞬間、血の気が引くのと同時になぜか急に仏教の八大聖地巡礼を決意。 数日経ってから仕事の休暇を取りインド巡礼の旅に出る。
1998年
日本では冬を迎える季節に、父の病気の看病をきっかけにニュージーランドから帰国し、実家にて象山院を開業。 言葉と習慣の異なる外国での長~い暮らしと日本での狭~い風習の中での暮らしとのギャップの違いで浦島太郎の様にちょっとレトロなカルチャーショックというべきか、メランコリーな気持ちの生活に入ったのでインド式瞑想法で頭の中を清浄し解決していた。
1999年
瞑想(迷走かも?)した結果、心身医療の大切さに気付き大阪船場(現所在地は大阪心斎橋)の日本メンタルヘルス協会に入会し、心理学の初級コースと上級コースを修了して研究コースではカウンセリング法などを習得した。
2000年
北京中医医院などで鍼医学を研修するため渡中。 同時期に老子や孔子の教えを感得するため儒教者や道教師に教訓を受けた後、杜子春の様に「自分も仙人になろう!」と思い、山東省を歴訪し古代から孔子をはじめ神仙修行者や道教巡礼者らが精神苦行していた泰山を登頂。
2001年
古代インドのバラモン教徒の様に悟りを得ようと試み、まず死後の世界を感知するためエジプトの古代遺跡の数々を歴訪し、その文化と宗教または神話や魂のゆくえ等を学ぶ。 帰国するやいなや、やはり幼い頃の運命的英語の教訓が更に身を結びだしてきたのか、恩師から看護学生や医療学部生のための講師活動の依頼を受け医学英語講義の開始、ならびに大阪府鍼灸師会で臨床英会話教室の開講を始める。 それに次ぎ四月より大学や病院、医療専門学校や医療センターなどを運営する学校法人;明治東洋医学院で医学英語講師としての活動を始める。
2003年
四月より、以前からご縁を頂いていた国立大阪南病院附属大阪南看護学校(現;国立病院機構大阪南医療センター附属大阪南看護学校)の新しい看護学部校舎にて医学英語講師としての活動を始める。
2011年
現在に至り、大阪南看護学校、明治東洋医学院専門学校、明治国際医療大学等にて外部講師・非常勤講師として活動中。
2017年

四月より、大阪府内および兵庫県内で新たに医学技術や看護・医療施術の専門学校に於いて英語学(医学英語を含む)の非常勤講師として勤務させて頂くことが決定致しました。
過去は政治家を目指しながらも…今は運命的に医学英語を教える教員として…一方では占い師と呼ばれ…
しかし心の中では前世にリコールしながら…来世のために天命を知る旅を検討中の変わり者を継続中!

 

あれよ あれよと言う間に人生 十分の七ぐらい歩みましたかね?
思えばこの歳までほんとにアッという間でしたね~
取り越し苦労ばかりで人生どうなるか分かりませんね~
人生は喜怒哀楽に四苦八苦 行いは声聞に縁覚に菩薩の三乗ですか~
なんだか近頃 心身ともに疲れますわ ほんと トホホ…

浅田忠

2000年 中国の北京
北京中医学院(現;北京中医大学)の大学院前にて

 

鍼灸院
運勢相談
体得と会得
医学英語研究会
BLOG
アクセス

Copyright(C) SHOUZANIN. 2011 All rights reserved.